生理不順 生理不順の原因と妊娠、不妊

生理不順は安易に考えてはいけません。


生理不順は妊娠に影響を与えますし、不妊の原因にもなります。


生理不順で悩んでいる人は多いでしょうし、
生理不順の原因を知ることで
生理不順による妊娠や不妊について知ることが出来ます。


産後の生理不順も重要です。
生理不順について、しっかり学びましょう。


スポンサード リンク

生理不順とは?

生理不順をそのままにしておくと大変なことになります。

それでは、どのような症状を引き起こすのでしょうか?

生理が不順になると子宮内部が妊娠できる環境でなくなるため、
不妊症になるケースが多く見受けられます。

また、体調が悪いときも
ホルモンバランスが崩れるなどの影響から
生理が不順になることもあります。

また、長く生理がなく、
その状態を楽であると思っている女性は多くいます。

ですが、生理がない状態を長く放っておくと、
子宮が小さくなるなど妊娠には適さない状態になる場合があります。

生理不順の治療をしてある程度改善して、
妊娠をする場合が多くあります。

またその後は生理がこなくて、気づいてみれば、
子宮の病気が潜んでいたなどのケースが報告されています。

このように生理不順のそのほとんどが、
不妊症や子宮の病気につながっている事が多いので、
軽く見ず、なるべく早めの治療が必要でしょう。

遅ければ遅いほど治療は難しくなる場合が多いと考えられています。


生理の周期の長かったり短かったり、
出血量が多かったり少なかったり、
出血している期間が長かったり、
痛みがひどかったりするなどの体調の不調。

これが生理不順です。

これらの症状は、
女性のカラダに何らかの変調をきたしている可能性があると思われ、
さまざまな病気を発症している可能性が高く、
注意が必要です。

中でも生理周期の長さに異常がある場合は、
特に子宮に関する病気の多くを発症している可能性があるといってよいでしょう。

生理は、
生理の始まる日から次の生理が始まる日の前の日までを数え、
ある程度一定の周期でないといけません。

周期が25日以内のときを
「頻発月経(ひんぱつげっけい)」と言われており、
反対にいつも36日以上経たないと生理がこないことを
「希発月経(きはつげっけい)」と言われています。

どちらも正常ではなく、
妊娠しづらかったりすることにもなるので、
正常な周期になるように治療や自己ケアが必要となります。


スポンサード リンク