生理不順のビタミン療法

生理不順の治療は、
もし薬を使用するとしたら
そのほとんどが「ホルモン療法」となりますが、
他にも「ビタミン療法」があります。


「ビタミン療法」は、
血行不良による生理不順であることがわかった場合、
ビタミンEによる
抗酸化作用を利用した治療を行います。


ビタミンEはホルモンをコントロールする部分に働きかけ、
ホルモンバランスを整えてくれる働きがあり、
末梢の毛細血管を拡張、血液の循環もよくなります。


ビタミンEは、冷え症の人がよく使用している
サプリメントとしても知られています。


生理不順になる原因は冷え症とつながりがあり、
血液の循環がよくない人が多く、
ホルモンバランスの悪さにつながっているといわれています。

その中でも
ビタミンをとるとよい方向に向いてくる人がいるので、
この治療法をとる場合があります。


ビタミン療法で治療するには、
ドクターに診断をしてもらい、
自分のカラダを知ってから治療をしてもらいます。

本当にビタミンをとるかどうかは
自分の判断で行わないようにしましょう。


スポンサード リンク